大人になるということ

Pocket

こんにちは^^

ハッピーマリッジコンシェルジュ古賀幸華です。

今日、スティーブジョブズの自伝映画を観ました。

スティーブ・ジョブズ [DVD]/アシュトン・カッチャー,ダーモット・マローニー,ジョシュ・ギャッド

¥4,104
Amazon.co.jp

自分の心の中の情熱に忠実な人。

イメージを形にする人。

自分自身に対する妥協を一切許さない人。

NOと言える勇気がある人。

子供から「大人になる」

どういうことでしょうか。

人に迷惑をかけないようになること?

波風たてない人になること?

妥協できる人になること?

本音と建前が上手にできること?

理性的にふるまえること?

社会性を重んじること?

自分を抑えられる人のこと?

「ネオテニー」(幼形成熟)

進化論で、人間はネオテニーのプログラムに

のっとっているという説があります。

実際、人間の赤ちゃんは、脳も体も未熟なまま

生まれます。

つまり、人間は、子供から突如大人へ変身するわけではなく

子供のまま、成長していくということ。

人間は、やはり成長する生き物なのだ。

すると、大人になるということは・・・・

私が思うに・・・・

私たちが子供として成長を続けていくのであれば、

幼児のときから抱いていた未来への憧れ、夢、

ワクワク、好奇心

こういったものを自分で叶えられるようになることが

成長であり、本当の大人になることではないかと思います。

私は、人生で度々、自分に失望しました。

そして、それを人のせいにしたり、

環境のせいにしたりして、ごまかしてきました。

しかし、私の幼児性が本当にもとめるもの(コアボイス)を

私自身が、幼児の私に与えられなかったことに

心底失望し、人生をこじらせていました。

私は、妥協しました。

私は、自分を抑えました。

私は、NOと言えませんでした。

私は、時に周りを見下しました。

その背後で、私の幼児性は自分という大人に失望していたのです。

私という大人は、単純に自分の幼児性を

抑えつけることしか知りませんでした。

そして、自分の夢やほしいものは

自分以外の誰かになんとかしてほしいと

ずっと願っていたのです。

大人になるということは、単純に自分を抑えることではなく

自分という素材を、命を、最大限、活かし、

周りの人と社会と調和できるようになること。

そして、自分の人生に、自分で責任をもつということ。

自分で自分の夢を叶えられるようになったら、

どんなに自分がたのもしいでしょうか!

どんなに人生が楽しいでしょうか。

スティーブジョブス氏は、まさにそれを体現した人だと思います。

新しくつくる「まるごと自分メソッド」を使った

プライベートセッションでは

あなたの幼児性が本当に欲しているもの(コアボイス)を

明らかにし、自分でそれを満たし、

自分のことを誇らしく思えるよう

そして結婚につながる出会いができるように、

プログラミングしていきます。

どうぞお楽しみに^^