見えない愛情

Pocket

未来の花嫁様、聞いてください。

昨日、母親と電話で話をしていたんです。

話は、私の近況、結婚準備、たわいもないことなどでした。

母親とは1時間以上は平気で話します。

21時を過ぎても、22時を過ぎても、父親の気配を感じました。

時々、父親の声が聞こえたからです。

まだ起きている目

21時になったら、すぐ寝る父がめずらしく起きている。

どうやら、私と母の会話をだまって、そばで聞いていたようでした耳

私の様子が気になるのでしょう。

会話が終わるころ、父親は寝に行きました。

父の地味で深い愛情を感じた瞬間でした。

子供のころは、父親のこういう「地味」で「地道」なところがキライ、というかバカにしていました。

誰にも文句も言わず、黙々と働く姿をバカにしていました。

ところが、大人になった自分はどうでしょう?

父親のバカにしていた点さえ、ろくにできていない。

父親の「地味」で「地道」なところは、偉大な愛情だと今さら気づきました。

結納の時、父は、ビシッと役を務めてくれました。

図書館で本を借りて、結納時の決まり文句をしっかり覚えていたのです。

夫が家に挨拶に初めて来たとき、父親はテレビを見ながら顔をそむけて、頭をかきながら、彼の私に対する思いを聞いていました。

私がそのことを彼に愚痴ると、

「幸華はわかってないなあ、あれは照れてたんだよ。耳がピクピクしてたもん(笑)」

地味な愛情表現の父のもとで育って思うこと・・・・

愛は、日頃、地味すぎて、当たり前にあるので、そして当たり前すぎて気づかないものなのかもしれません。

幼いころは、派手なものについ目が行きます。

ディズニーランドでいうと、ミッキーやミニーに目が行きます。

でも、夢と魔法の国ディズニーランドを本当に支えているのは・・・

地味に掃除をするスタッフさんじゃないかと思います。

御客様の落としたゴミも、黙々と拾っていくスタッフさん。

そして、御客様から直接、ありがとうと言われることさえ、求めてもいません。

愛は地味だからこそ、愛なのかもしれません。

人生の節目節目に同席するのは家族です。

そのとき、改めて、当たり前のようにいた家族への感謝の気持ちがわきあがりました。

・・・結婚式、私、泣くだろうなあ・・・

でも、メイクさん、かなりすごい人らしいし、泣かないようにしよう。

幼いころの貴女が嫌っていた父親像、本当ですか?

一度疑ってみたらどうでしょうか?