婚活カウンセラー“古賀幸華”TOP>>相手が既婚者だという時点で「運命の人」ではない。

相手が既婚者だという時点で「運命の人」ではない。

Pocket

こんにちは^^

ハッピーマリッジコンシェルジュ幸華です。

今日もご訪問をありがとうございます。

ドラマ「若者たち」を見て。

不倫している看護師の佐藤ひかりに、不倫相手の妻が

涙でいっぱいになった目でこのようなことを言います。

「あなたは勘違いしているのよ。

『運命の人』は、既婚者だという時点で『運命の人』ではないの。」

私は、不倫をしたことはありませんし、

また興味もありません。

最初からメリットを感じないからです。

相手を自分のものにするのに、手間も時間もかかるし、

ものすごく効率が悪いからです。

また、不倫相手は、所詮、「遊びの女」

まさか、相手が、奥さんから電話があったとき、

不倫相手といっしょにいるなど言いません。

適当にごまかされます。

いい思いをしていても、遊びなので、

適当にされてしまう。

「待つ女」となり、自分を美化しても、苦しくて

自己評価も下がっていくことでしょう。

あなたにとって、「運命の人」の定義はなんですか?

「運命の人」が結婚相手なら、「運命の人」は、

あなたを隠しませんし、一緒に人生を築く覚悟をしているはずです。

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございましたベル

昨日、かぼちゃのチーズケーキをつくってみました。

我ながらおいしくできましたヾ(@°▽°@)ノ

私について・プロフィール

単発セッションのサービスはこちらから

継続セッションのサービスはこちら

クライアントさまのお声はこちら

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

ご縁のあるあなたのお役にたてることを心から願っています。

あなたの長い人生のほんのひとときを、一緒に真剣に伴走し、

幸せの一助になれたら、幸いです。

ハッピーマリッジコンシェルジュ
古賀幸華