突然の号泣のワケ

みなさま、こんにちは。

昨日、お買い物の後、ダンナさまと一緒にソファでゴロンとしていました。

突然、涙を流す私。

ついには号泣。

どうしたの?とあせるダンナさま。

結婚したら何が待ち構えているでしょうか?

それは、家事。

一人暮らしのときも、家事は毎日やっていました。

だけど、2人になったときの家事は2倍。

また、きままにやれるわけではありません。

それは、毎日、毎日、続くわけです。

汚れたら、きれいにする。

また汚れたら、きれいにする。

毎日、献立を考える。

毎日、パートナーのお弁当を作る。

同じことの繰り返しです。

家族が増えるとそれはまた倍になるでしょう。

けれども、母親は、毎日これをやってくれていたわけです。

「母親だからやってくれて当たり前」

「家事は私の仕事ではない」

「家事など誰にでもできる仕事、ほかの仕事で活躍しているほうがよっぽど立派」

私はこう思っていました。

でも、自分がやってみて、そうではなかったと感じました。

母親は、自分の時間のほとんどを家事に注いだわけです。

毎日、重い洗濯物を運び、毎日ほして、たたんで。

毎日、ごはんを作って。

毎日食器を洗って。

毎日お風呂掃除をして。

私は、自分の傲慢さが、情けなくなって、号泣したのです。

母親は、ほかの選択をすることだってできたはず。

家事を放棄することだってできたはず。

いわゆる、きちんとした普通の暮らしは、この「家事」なくして、ちゃんと暮らせないわけです。

毎日、同じことを繰り返す根気もないくせに、ほかの仕事がやれるわけがない。

私は、自分にそうつぶやきました。

会社を退職してから、なんとなく「主婦」の自分に肩身のせまさを感じていました。

ほかの仕事をして輝いてる女性がうらやましい、といった気になったり。

結局、私は、「主婦」を馬鹿にしていたわけです。

けれども、「主婦」は、きちんとした暮らしを実現させるプロフェッショナルなのです。

「結婚は生活」とよくいいます。

このことじゃないか、と私は思います。

きちんとした暮らしを実現させるためには、「愛」なくしてできません。

周りが、そして自分が心地よく暮らせるように、毎日淡々と同じことをやる。

「家事」は、私の立派な仕事です。

この仕事が、すべてに通じます。

The following two tabs change content below.

こがさちか

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。

 

ぜ男性が苦手で恋愛不器用だった私が結婚できたのか?秘密の美心婚活5ステップメールセミナー(動画付き)

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。