遠距離恋愛の日


Pocket

みなさま、こんばんはニコニコ

婚活コンセルジュ&TAWアドバイザーの幸華です。

昨日、「12月21日は遠距離恋愛の日」、とラジオで聞きました。

私の朝は、主人のかけるラジオで目を覚ましますラジオ

「遠距離恋愛かぁ・・・遠い目 そういえば、私も昔してたっけ・・・」

そんなことを思い出しました。

当時、外国人の彼と遠距離恋愛をしていました。

スカイプもない時代だったから、国際電話代もかかったっけ(涙&苦笑)

私と彼は、お互いの国を行ったり来たりしていました。

途中から、彼が日本に来たのですが。

いやあ、よくあんなエネルギーのかかる恋愛してたよな~、って今では思います。

私は、彼と離れている間、会いたくて会いたくてしかたがありませんでした。

せつないでしょ?

本人は、せつなくて、苦しくて、せつなくて・・・

・・・が、実は、私は本当の恋愛を避けていたんですドクロ

いつも近くにいれば、相手の嫌なところもみる。

本当はそれが嫌だったんです。

でも、当時の私は、一生懸命に恋愛をしているつもりだったんですよあせる

離れている環境が、ドラマチックと思っていたんですね。

TAWでは、どんな状況でも、「人はメリットしか選ばない」と言います。

私の場合は、外国人を選んだ。

その恋愛で得たメリットは、語学力がついたこと、旅行できたこと、なかなかできない経験もした、など色々ありますが。

遠くにいるほど、拡大されて魅力的に見える仕組みを知っておけばな~と、TAWを知った今では本当に、無知だったなあ、と思います。

とはいえ、色々あったけど、振り返れば、良い経験でした。

まあ、私の遠距離恋愛はおいといて、もし、読者様の中に遠距離恋愛まっ最中の方がいらしたら、がんばってくださいねニコニコ

私の故郷の同僚の友人は、デンマーク人と恋に落ちて、デンマークに嫁に行きました。

私の英語の先生も、オーストラリア人と恋に落ちて、オーストラリアに嫁に行きました。

私の選ばなかった選択肢を生きている彼女たち・・・

きっと幸せね星

さあ、明日から、お楽しみのお茶会が始まりますアップ

既に存じ上げている方、初めてお会いする方など、いらっしゃいます。

とっても、楽しみですニコニコ

ぜひ、みなさま、本当のクリスマスデートラブラブがあるかのように、おしゃれして来てくださいね~音譜

明日は、私はお茶会の前に、白金高輪でセレブランチしてきま~すアップ

今日も最後までお読みくださってありがとうございましたベル

Pocket