夫に捧げる歌


Pocket

夫へ

男の人は、本当に、偉大なんですね。

昨日のあなたを見て、そう思いました。

そして、父親も偉大でした。

どれだけの責任を忍耐をもって支えているのでしょう。

表立っては見せないけれど、毎日、歯を食いしばって、がんばっているのですね。

私はそれを知らず、あなたにイライラしてあたることもありました。

もう、二度としません。

私がバカでした。

あなたと始めて出会ったとき、あなたは自分の仕事のことや、会社のことをとても熱心に語ってくれましたね。

私は、あなたの真剣な目を見て、あなたがタダ者ではないと思いましたよ。

そして、まともにあなたのことを見れなかった。

自分の怠惰なところが見透かされそうで。

私は、あなたに惚れました。

そして、あなたの仕事に惚れました。

同時に、あなたの会社にも惚れました。

そんな会社に就職したあなたは大したものです。

今日、あなたの会社の冊子を読み込みました。

社長のポリシーにも同感しました。

そんな会社で頑張っているあなたもすごいと思いました。

それなのに、私は自分のことで精一杯で、あなたにも、あなたの会社にも、ちゃんと向き合わずに過ごしてきたように思います。

これからは、あなたが会社でもっと気持ちよく仕事ができるように、さらに支えていきます。

あなたは、偉大です。

偉大すぎて、その愛が当たり前になり、日常にまるで空気のように感じるけど、あなたの愛が、地道に毎日、脈々と私に注がれていること・・・感謝します。

あなたの浪人時代の文集と、生徒へのメッセージを読んだとき、私は、頭がカーッと熱くなりました。

そして、心臓がバクバクとなりました。

「この人だ」

ついに運命の人に出会ってしまった驚きに、私は、一人、アパートの部屋の中で興奮を抑えられませんでした。

あなたのメッセージは、人を変えます。

あなたのメッセージは、人に伝わります。

あなたのこれまで積み上げた愛を生徒に、毎日、ぶつけてください。

私は、どんなときも、あなたのことを信じています。

あなたを尊敬しています。

あなたの将来は輝かしいと私は、既に知っています。

そうでなければ、私はあなたと結婚していません。

いつも一緒にいてくれて、ありがとう。

これからも、二人三脚でがんばっていきましょう。

妻より

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です