母を想う。

みなさま、こんばんは。

婚活コンセルジュ&TAWアドバイザーの幸華です。

このブログは完全な私の独り言です。

最近、朝目覚めたとき、母のことを想う。

今回の帰省で、空港で母をハグしたとき、母の体は小さく華奢で、肩も小さかった。

小さいころ、母の背中を洗うように言われた時、真っ白な大きな壁がはだかっているように思えた。

今、その背中は私より小さい。

そんな母は、今でもホテルで清掃のアルバイトを続けている。

母は3人の娘を生んで育てた。

家事はもちろん、父の仕事も手伝いながら。

そして、ホテルのアルバイトもしながら。

母は、冬の夜はぐったりと口を開けてコタツで寝るのが習慣だ。

そんな母を、実家にいたときの私はたしなめた。

それなのに、母は朝早く、重い洗濯物を3階まで運び、歌を歌いながら干す。

そんな母を私は、布団の中からぼんやり眺めていた。

・・・母のこれまでの労働を思うと、私の労働など、足元にも及ばない。

完全に負けだ。

母は、今も働き続けている。

私は、母に甘えて、何もしてこなかった。

父と母が身銭を切って出してくれた教育費を、今、ちゃんと活かすことができているのか、正直よくわからない。

何もできていないくせに、私は、平気で父と母より、よい洋服を着ている。

平気で、父と母が行ったことのない海外旅行もした。

私は、父と母に、愛の借金があると思っている。

今、私は、素晴らしい夫と結婚し、実家よりも素敵な家に住んでいる。

何もできていない私は、ここで、父と母の娘としての意地をみせようと思う。

ゆめゆめ、目の前のやるべきことを面倒と思うまい。

ゆめゆめ、穴を自ら掘るまい。

本当に幸せになろう。

私は、その一歩を踏み出すと決めた。

もう、甘ったれた心はいらない。

甘ったれた心、くそくらえだ。

私だって、母のように、夜はぐったりと口を開けて寝るのだ。

エネルギーを出しつくして。

そして、朝は、歌を歌いながら、洗濯物を干そうじゃないか。

未来の私を見返すのだメラメラ

見てろ、自分!!

 

ぜ男性が苦手で恋愛不器用だった私が結婚できたのか?秘密の美心婚活5ステップメールセミナー(動画付き)

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。