自分をまるごと否定しない。


Pocket

みなさま、こんばんはニコニコ

いきなりですが・・・・

誰しも、自分の人生に真剣に向き合う時期がありますよね。

私は、意外にも、それは、姪が生まれたときでした。

小さなもみじのような手で、私の小指をギュッと力強く握った瞬間、「あっ、私は真剣に生きなければ」と思ったのです。

それまで、私は表面的に生きてきた人間でした。

人間関係を深めることもなく、家族のことを本気で振り返ることもなく。

婚活をしていくと、色々な人に嫌な面を見ました。

そんな嫌なことよく続けたね、と言われるかもしれません。

婚活の悲しい面は、色々な人にあって、しっくりいかなくて、気がつかないうちに自分で自分の評価を自分で下げていくんです。

「今回もうまくいかなかった」

「今日、会った人もイマイチだった・・・」

そんな自分の気持ちを押し込めたまま、月曜日には何事もなかったかのように出勤するのです。

それが婚活独自のむなしさです。

そして、「自分は、ダメなんだ」という、自分でも知らない間に、徐々に変な確信を心の奥でためていく。

でも、嫌な相手に出あったのであれば、実は自分を投影しているだけなんです。

本当は、まだダメ、私は全部ダメ、じゃなくって、「考え方のパターン」という名のボタンを、掛け違えただけなんです。

あなたの着ているシャツは、本来、素敵で完璧なんです。

過去にだめだったとしても、過去は、今となっては、あなたの記憶でしかありません。

過去は過去で、そういうあなたでいるメリットがあったのです。

物事には、全て、裏と表があるのみ。

婚活がうまくいかなくて、「あなたが△□だからダメなのよ」などと、ダメだしされても、まるごとそこで自分を否定しないでください。

「どうやら、私の中の△□の部分がちょっと結婚を邪魔しているらしい・・・」

まず、そう思ってみてください。

△□の部分はTAWの手法で、修正できます。

真剣に自分の人生に向き合うということは、自分をまるごと否定して、できない自分を反省して、いつまでも嘆いたりすることではなく・・・

自分の、「今は不都合となっている部分」と「そうでない部分」を見分け、ちょっとずつ「お直し」をしながら、歩みを進めていくことではないでしょうか。

もともと、あなたは素敵なのですから・・・

是非、今のあなたを謳歌してくださいアップ

最後までお読みくださってありがとうございましたベル

Pocket