結婚指輪の色気


Pocket

みなさま、こんばんわニコニコ

先日、オーダーしていた結婚指輪を受け取りに、2人で銀座に行きました。

実際につけてみる私たち。

彼の左薬指に、結婚指輪・・・

なんだか、男の責任の色気を感じた。

私の左薬指に、結婚指輪・・・

芸能人の婚約会見のように、手を鏡に向かってかざしてみる。

既婚者になったことを、妙に実感。

そして、鏡の向こうの私が少し違うように見えた。

プラチナがこんなに存在感があるなんて目

「独身時代が長かったからなあ・・・」

ぽつりとつぶやく私。

独身時代の左指は軽かった。

自由だった。

蝶のように。

だけど、これからプラチナをまとう指は、もっと自由になる。

気ままな自由とは違う自由。

絆という自由。

選択の自由。

支えあう自由。

1人ではない。

2人という強さが待っている。

プラチナの重みがそれを教えてくれる気がしました。

Pocket