ああ、勘違い。

こんばんはニコニコ

婚活コンセルジュの古賀幸華です。

今日も、ご訪問を誠にありがとうございます。

また、新しいご縁にも感謝です^^

最近、我が家では、一食につき、9品目(肉、魚、貝、海藻、野菜、乳製品、タマゴ、油、豆)の入った食事をするようになりました。

私がダイエットをする目的で始めたのですが・・・なんと、見事に、間食しなくなりましたアップ

しかも、主人まで目

間食をするのは、結局、栄養不足だからだそうです。

さて、最近、私、この間食について、とんでもない自分の勘違いに気付きましたガーン

なぜ、私は、こんなにまで、甘いお菓子が好きなのか?ということです。

正直、きれいになるよりも、目の前においしい、甘いお菓子があったら、必ずそれを食べるビックリマークくらい、お菓子が大好きドキドキでした。

ストレスを感じたり、疲れを感じたりすると、必ず、甘いものに手が伸びていました。


「どうして、私は、こんなにまで甘いものがすきなんだろう?」

すると、頭の中に、過去の出来事が思い出されました。

私が幼いころ、父が仕事から帰ってくると、母が必ず、父の疲れをとるためにお菓子を用意して、私は、それが楽しみでした。

そして一緒に食べていたのです。

ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

私は、大きな勘違いを、いくつもしていたのです。

子供の私にとって、父が帰る日にお菓子が必ず用意されていたので、それは、まるでお祭りのようでしたし、みんなで食べれるので、一家団欒をして、楽しめたこと。

ここから、お菓子は、私にとって、「幸せの象徴」となったのです。

だから、大人になっても、何か満たされていないとき、必ずお菓子に無意識に手が伸びていたのですね☆

さらに、私の勘違いは続きます。

父も、母も、私も、全部、私の思考の投影。

つまり、仕事をして帰ってきた父は、必ず疲れていると思い込んでいる母(私)。

仕事をして疲れて(いるに違いないと思い込んでいる)帰る父(私)。だから、母にねぎらってほしいと思っている父(私)。

さらに、私は、父のおこぼれを、自分の努力なしに「たかろう」としている。
しかも、父の労働に感謝さえしていない汗

私は、この記憶を書き変えました。

父が、仕事を終え、達成感を感じつつ、爽快な顔で誇らしげに帰ってきた。
さらに、能力が上がったので、次の仕事のことを考えている。

母は、父を笑顔で迎え入れ、感謝を示し、父の仕事のために、食生活、環境を整えようと努力している。母も、そんな自分の仕事を誇りに思っている。

私は、そんな父を見て、自分も、目の前のことを身体を動かして一生懸命にすれば、父のように達成感と満足感を得られて、爽快な気持ちでいられるから、がんばろうと思っている。

大人の私に「幸せの象徴と」として、本当に必要なのは、甘いお菓子という、簡単に得られる満足感ではなく、「達成することで得られる満足感」でした。

子供のころの思いこみ、怖いですね~あせる

今じゃ、我が家の朝の恒例のオメザはなくなりました。

2人とも、朝食を終えると、黙々とお互いの仕事をしています^^

思いこみで作られる習慣、あなたにもあるかもしれません。

見直してみてくださいね^^

今日も最後までお読みくださって、ありがとうございましたベル


☆8月26日(日曜日)特別企画セミナー@自宅「結婚紹介所を半年以内に卒業する方法」、募集中です☆

 星5月4日の読売新聞と日本経済新聞のパートナーエージェント様の広告に、夫婦で掲載されました音譜星

$思考が現実化する☆だから、結婚相手もあなたが創る♪

その時の記事はこちら
入会ご希望の方は、私経由だと、特典があります。

無料メルマガで結婚に近づこう♪音譜
ご登録はこちらから

宝石赤大好きな自分と結婚相手を創ろうラブラブ…セッションのご案内はこちら

宝石赤お申込み、お問い合わせは、こちらラブメール

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。