ときめきトゥナイト病

「少女マンガ」は罪だと思う。

こんばんは^^

ハッピーマリッジコンシェルジュ幸華です。

昔、昔、私が少女の頃、読んでいた「りぼん」で

「ときめきトゥナイト」という少女漫画があった。

主人公の吸血鬼と狼女を両親にもつ江藤蘭世は、やさしい気持ちを持つ女の子。

その彼女が恋する男子が、真壁俊。

クールでかっこいい。

ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)/集英社

¥669
Amazon.co.jp

当時、主人公に自分を重ねて読んでいた現在30代、40代の女性、私を含めて多いのではないか?

私はいつのまにか、自分もいつか、真壁俊くんのような

かっこいい男性と付き合い、そして結婚するのだろうと思った。

でも・・・・

現実は違った(笑)

中学生のときの男子は、ガキにしか見えないし、それで勝手に失望し、

高校時代、私は外人に走ったもの。

少女時代の真壁俊くんに抱いたトキメキをそのまま持って、

無意識に彼と比較していたのかもしれない。

当然、自分も少女マンガのような恋愛をする、と。

ときめいて、恋愛して、結婚するのが普通のことなんだと。

テレビをつければ、かっこよくて歌って踊れるアイドルがいる。

かっこいい俳優やモデルがいる。

が、現実の男性で、そんな個性がはっきりわかる人、めったにいないし。

特に日本人男性はわかりにくい。

いるのは、自分と同じように、いたって普通な男性が多いではないか。

その普通の男子の中に宝を発見した私は、やっと結婚できたわけだけど、

それはときめきトゥナイト病をいつの日からか捨てたからかも。

傷つきまくって、自分が結婚相手に求める優先したいことが明確になったら、

外見やわかりやすい態度や甘い言葉に対する「ときめき」はどうでもよくなって、

私は漫画の世界を抜けて、地上に戻った。

本当の男性との出会いを重ね、そしたら、本当の「ときめき」が待っていた。

その道筋を暗黙のうちに示してくれたのは、リアルな男性、父親。

もしかしたら、あなたがほしがっている「ときめき」は、

漫画やテレビで得た「ときめき」ではないですか?

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございましたニコニコ

 

ぜ男性が苦手で恋愛不器用だった私が結婚できたのか?秘密の美心婚活5ステップメールセミナー(動画付き)

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。