傷ついても傷ついても

「傷つきたくない」

そんな理由で、リアルな恋愛を避けようとする方もいると思う。

私も、恋愛で色々と傷ついたので、できれば恋愛なんかしたくない、と思っていた。

「人を好きになっても、どうせ、ダメになるんじゃないか。

そして、自分は、相当、傷つくだろう。

だったら、最初から人を好きになるのはやめよう。」

もっともだと思う。

そのほうが楽だし。

人とずっと一緒にいるのは、わずらわしいし。

仕事だけ、たんたんとしていけばいい。

人を好きにならなくったって、食べて生活していけるし。

うん。

だから、結婚なんて私には必要ない。

そこまで割り切れたらよいのだろうけど、私は、割り切れなかった。

仕事もあったし、結婚しなくても、なんとか1人だけだと生きていけただろう。

でも、もういやだった。

1人で生活する状態が。

なんの変哲もない日常が。

1人で楽しむものも限界がある。

なんの伸び白もない人生。

この生活が、年だけとって、死ぬまで続くのはいやだった。

満たされない心のスキマを自分でなんとか埋めようとしていたけれど。

だから、傷ついてもいいから、「一緒に生きていける人」を探すことを選んだ。

やっぱり、何度か傷ついた。

そのうち、気づいた。

私は、人と一緒にいるのがわずらわしいと思っていたのは、結局、自分と向き合いたくなかっただけ。

自分の見たくないところを、相手に見て、傷ついていた。

最後には、別れても・・・

出会う男性は、それぞれ、私に、世界の輝きを見せてくれた。

彼らは、一人ひとりが、すばらしい才能の持ち主だった。

手をひっぱられて、自分だけでは見ることのできない世界を見せてくれた。

傷ついても、一人でいるより、たくさんの経験を得ることができた。

私の青春であり、今となっては、その時代を、お金で買いたくても買えないほどの価値ある思い出だ。

10代のほろ苦い痛み。

20代、30代のせつなくて苦しい痛み。

好きな人がいて、告白失敗したら。

好きな人と別れることになったら。

ゲイバーに行って、別れたことを涙ながらに話すといい。

気持ちいいくらい、笑い飛ばしてくれるから。

失恋は、辛いけど、時が解決してくれる。

たくさん傷ついた(磨かれた)あなたは、未来出会うだろう結婚相手の価値がわかるだろう。

傷ついた経験があればあるほど、相手を大事にできるはずだ。

そして自分自身も。

傷つくのを恐れて、何もせずに年齢を重ねていくより、傷つきながらも、たくさんの経験を得たほうがいい。

その年代の出会いもその年代の経験もお金では買えない。

過去の恋愛で受けた傷が癒えない人もいると思う。

でも、癒すことを、人生の目的にしていないだろうか。

幸せな結婚がしたいのに、過去の思い出や自分の傷にばかり焦点をあてている。

自分ではそれが安心だと思っている。

でも、とてもリスキー。

あなたが30代だったら、とってもリスキー。

世界は、あなたが傷ついて過去を振り返っている間にも、たくさんのギフトをあなたに与えている。

それをとるかとらないかは、あなた次第。

大丈夫。

あなたは、ちゃんと手に入れられる。

今日も最後までお読みくださってありがとうございましたベル

ベル本気で結婚を望むあなたへのメッセージベル

あなたが、今まで結婚できなかったのは、「あなた」が悪いのではありません。
「出会いを繰り返すだけ」で、終わっていたからです。
あなたの婚活と人生に新しいインスピレーションをお届けします。

$思考が現実化する☆だから、結婚相手もあなたが創る♪

 

ぜ男性が苦手で恋愛不器用だった私が結婚できたのか?秘密の美心婚活5ステップメールセミナー(動画付き)

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。