特別な誰かに、執着してしまうワケ

The following two tabs change content below.

こがさちか

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。

● 特別な誰かに、執着するワケ

こんばんは。

古賀幸華です。

特別な誰かに愛されたい。

特別な誰かに、執着してしまう。

特別な誰かを心のどこかで待ってしまう。

自分の絶対的な味方がほしい。

私がどうしても結婚したかった理由。

特別な誰かに愛されることを渇望していました。

少しでも、自分に優しい男性。

自分にアプローチしてくれる男性。

そして恋人になる男性。

私は、自分の味方と信じて疑わず、関係を一気に結婚までもっていきたかった。

それこそ、恋愛の延長線上に結婚があって、恋人は、必ず結婚する人と信じて疑いませんでした。

そんな自分は、純粋だとさえ思っていました。

なかなか思うようにいかない現実を前に、味方だと信じていた恋人は、別れるときには、悪者になっていました。

私は悲劇のヒロインになり、恋愛を重ねるたび、男性に対する悪いイメージが強化されました。

一方で、男性に愛されることを渇望していたのでした。

なぜ、こんなにもこじれてしまったのでしょう?

男性を憎みながら、愛されることを望む。 

きっと、いつか、この純粋な私を愛してくれる、私にとって特別な人が現れるはず。

私は、何年も待ちぼうけをしていたのでした。

こんな人生、不幸です。

こんな人生、どこから、始まったのでしょう?

あなたは、いかがですか?

あなたも、特別な誰かを、もう何年も待ちぼうけしていませんか?

特別な誰かが現れるまで、あなたが幸せになることはないのでしょうか?

こんな人生が始まったのは、あなたが赤ちゃんのときからです。

恋愛運や結婚運をよくするために、縁結び神社やブレスレットをしても
根本的な解決にはならないのです。

枯渇している、「その愛」の見直しを、しない限り。

私は子育て中です。

娘は、もうすぐ2歳です。

正直に言うと、私は、娘の世話をすることがイヤでした。

もちろん、娘は、かわいい。

でも、娘の世話をすることで、自分の自由も時間も奪われる。 

でも、やるのは、私しかいない。

仕方ないから世話をする、という感じでした。

ある日、私が一番、面倒に感じる娘の着替えをさせていました。

2歳近くになると、着替えを嫌がります。

私は苛立つと無理矢理、娘を抱きよせ、黙って着替えをさせていたものでした。

でも、その日、活発に動きまわる娘を見て、ハッとしました。

そうだ、娘は、もう「赤ちゃん」ではないんだ。

私は、娘の世話役ではないんだ。

洋服やパジャマを着せてあげる人ではないんだ。

もし私が、このまま、娘がまだ何もできない赤ちゃんだという印象をひきずり、かわいい、かわいい、と、なんでも娘の世話をし続けていると、娘は私をお世話係と思うだろう。

娘は、誰かに世話をされ、ケアされ、助けられ、優しくされるのが愛だと思うだろう。

そして、ある程度大きくなり、私の手が離れる頃、娘は、愛がなくなったと思うだろう。 

娘は、周りや社会に愛が足りないと思うだろう。

自分で自分をどう愛せばいいかわからない大人になるだろう。

そして、なくなった愛を、年頃になれば、男性に求めるだろう。

優しくしてくれる人に、すがるようになるだろう。

特別な誰かを待ちぼうけするだろう。

いつかの世話をしてくれた母である私を、いつまでも、待ち続けるだろう。

傷ついても、信じて待ち続けるだろう。

私は、娘にそんな人生を歩ませたくない。

娘には、特別な誰かを待たずとも、特別な男性も含め周りに愛される人生を送ってほしい。

たくさんの「出来た!」を積み重ね、たくさんの周りの人に愛され、たくさんの人に影響を与えてほしい。

私は、パジャマをゆらしながら、歌った。 

「○○ちゃん、パジャマはどう着るかな♪

最初はね、頭からかぶってね♪ 頭をポーンと出すよ♪」

娘は、喜びました。

時間は、少しかかりましたが、娘は自分でパジャマの上着を着ることができるようになりました。

私は、娘とハイタッチ。

自分で出来たがどんなに素晴らしいかの演出。

そう。

私は、娘のしくじり先生。

私は、娘のガイドであり、コーチ。

なんでも世話をする役ではない。

娘の出来たを、一つ一つ、増やしていく。

成長を促していく。

そのうち、娘は、たくさんの出来たを土台に、私にも主人にもない、オリジナルの才能を華開かせるかもしれない。

ワクワクするではないか。

アメリカの有名な歌手。

レイ チャールズの自伝映画を見ました。

彼は、本当に大事な人に愛されていたと思います。

レイチャールズが、子供の頃、重い目の病気になります。

そのとき、彼のお母さんは、落ち着いてこう言うのです。

「レイ、あなたは、失明する。

泣いている暇はないの。

これから、あなたの頼りになるのは、これまでの記憶よ。

この階段は、何段ある? そう、四段ね。

お母さんがこれから、あなたの助けをするのは、三度までよ。」

彼は、盲目になり、手助けがないため、感覚の敏感な子になりました。

特に、音に敏感になり、それが彼の才能のもとになるのでした。

レイを盲学校に行かせるときも、母と離れるのを泣いて嫌がる彼に、言います。

「もう、貧乏は、こりごりよ。

あなたは、人に施しを受けなくてもいい、自立した人間になりなさい!

心を鬼にして、レイの才能を伸ばす、大きなきっかけを作ったお母さんは、愛の人です。

そして、レイの妻。

大人になって、レイは、歌手として成功しますが、薬物のとりこになります。

妻は、嫌がり反対し続けます。

「君に目の見えない人の孤独や気持ちがわかるわけない!」

自分の弱さを主張し、正当化する彼に妻は、毅然と言います。

「わからないわ。

このトロフィーは、あなたの息子が試合で優勝してとってきたものよ。

あなたは、それをお祝いするパーティーに来ないで、クスリをやっていた。

あなたが本当に愛しているのは、息子でもない。

私でもない。

ツアー中につくった女でもない。

クスリでもない。

あなたが、本当に愛しているのは、音楽よ。

その音楽でさえ、あなたはクスリでなくしてしまうのよ!」

その言葉をきっかけに、レイは、やっと更正します。

そして多くの人に影響を与える、本物の歌手になりました。

自分や息子を愛することも求めず、彼を生かす本質をついた奥様。

一時の慰めよりも、その人に長きにわたり力を与えてくれるもの、内にある才能に気付かせてくれる。

そんな母に、妻に、カウンセラーに、私はなりたい。

そうなると決めた!

あなたが枯渇しているその愛を、見直し、リセットすることができます。

いつからでも、人生をやり直すことができます。

もう待ちぼうけは、やめましょう。

あなたをたくさんの人と、そして特別な人が待っている、そんな世界にしませんか?

今日も最後までお読みくださって、ありがとうございます!

ハッピーマリッジカンパニー 古賀幸華

○プロフィールはこちら○

婚活ビギナー講座 新妻さんもどうそ
婚活や楽しい結婚生活の知恵、お届けしています!
無料ですのでよかったら^^ 
お申し込みは下記のバナーをクリックしてくださいね^^ 
携帯メールも可能ですが、PCメールでのご登録をオススメします。

こちらも無料です。すぐにヒントがほしい方へ♪

こちらも無料
結婚前からあげまん妻の準備をしたい方のために
婚活疲れして前進できない方へ、スペシャルプレゼントをご用意しています!!

The following two tabs change content below.

こがさちか

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。

あなたの思考を180度変えるだけで理想の結婚も人生も引き寄せる!

35歳からの秘密の無料レッス

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。