私が婚活で大事にしていたこと

みなさま、こんばんはニコニコ

$思考が現実化する☆だから、結婚相手もあなたが創る♪

婚活コンセルジュの古賀幸華です。

いつもご愛読ありがとうございます。

実は最近、わたくし、必要があり、ここ数日、安静にしておりました。

お仕事の際は、外出しておりましたが、帰ってきたら、即ベッドにIN。

今日も、基本的に、安静にしておりましたが、明日からは、心身共に蘇りますアップ

ちなみに、病気とかではありませんニコニコ

そんな私のパソコンのデスクトップ画面パソコンには、「CREATE NEW LIFE」とはっきりとしたメッセージが。

私にとっての節目&転換期であることは明らかです。

さて、今日は、私が婚活で大事にしていたことを書きたいと思います。

それは、フィーリングです。

外見よりも、その人の持つ雰囲気。

一緒にいて、居心地がよいか、自然にふるまえるかも、自分にとっての判断基準でした。

今、思うと、「婚活」は私に向いていたと思います。

私は、どちらかというと、白黒つけたがるタイプ。

恋愛は向いていませんでした。

相手のことを思ったり、ドキドキしたり、ワクワクしたり・・・最初は楽しいのですが、私には、それが後で苦しくなってしまうのでした。

先の見えない不安が嫌でした。

でも、「婚活」は、明らかに、結婚が目的。

ゴールがはっきり見えているし、結婚生活という明らかな未来が見えている。

結婚生活をしている自分をイメージしたとき、私の中では、家族のように、安心して一緒にいられるパートナーがいいなと思いました。

ということで、フィーリングがその判断基準になりました。

とはいえ、そのフィーリングセンサーをいちいち、出会う男性ごとに働かせていたわけではありません。

その前に、自分が自分を自然に受け入れる態勢を整えていたと思います。

自分にウソをつかない、自分に対して後ろめたいことはしない。

自分を肯定する。リラックスして前向きに物事をとらえる。

つまり、自分のフィーリングセンサーを磨いていました。

すると、相手に対して、意識せずとも、自然にふるまうことができるようになりました。

その時、目の前に現れたのが、主人です。

結婚相手の条件に目を向けるよりも、自分のことや内面に目を向けたほうが、私の経験上、婚活はうまくいくと思います。

結婚生活は、あくまで生活。

つまり人生です。

人生の中には、山あり、谷あり。

そのときに、お互いが支えあい成長し、気持ちよく協力しあえるパートナーがいると最高ですよね音譜

私は、本当に結婚してよかったと思います。

恋愛では、味わえない信頼という心強さと未来への希望が、結婚にはありますよアップ

今日も最後までお読みくださってありがとうございましたベル

ベルゆるりと無料メルマガ始めました音譜
ご登録はこちらから

宝石赤大好きな自分と結婚相手を創ろうラブラブ…セッションのご案内はこちら

宝石赤お申込み、お問い合わせは、こちらラブメール

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。