魂に響く相手がいる。絶対に。

こんばんは。

古賀幸華です。

はじめましての方はこちらからどうぞ
虹古賀幸華のプロフィール虹

今日、テレビで、世界の僻地にお嫁に行った日本人女性の話が放送されていました。

なんだか、彼女たちの旦那さまとの出会いのストーリーを聞いていると、胸が熱くなって、涙があふれてきました。

彼女たちの「結婚を決めた理由」は、魂にあったと思います。

そうでなければ、日本という便利で守られた国を離れて、僻地で暮らそうとは思いません。

ちっちゃい、ちっちゃい、ちっちゃい、自分の固定観念だけを頑なに握り締めて、今という現実を生きるために、自分を守るために、相手に条件を求めて婚活したって、心が枯渇していくことなど、目に見えています。

現に、私がそうでした。

私は、相手の人格はどうでもよくて、職業とか、年収とか、人からの評価とか、そういうことだけにフォーカスしていました。

それは、自分を守るためでした。

でも、こんな私でも、魂に響く相手に出会えた。

「この人だ!!この人だ!!この人に間違いない!!」

それは、まさに、魂の声でした。

主人が仕事で書いた文集を読んだ私は、頭がカーッとなったことを覚えています。

そして、胸がドキドキしていました。

1人、アパートの部屋で動揺したことを覚えています。

条件にこだわっていたころの私は、傲慢でした。

今でも、時々、傲慢になることがあります。

自分が強いとき、何不自由なく暮らしているとき、周りへの感謝を忘れがちです。

あたかも、自分が一人で生きてきたかのように、錯覚します。

そして、自分を守るためだけに動こうとします。

しかし、今の自分があるのは、何より、大切に大切に育ててくれた父や母のおかげ。

片親だけだったとしても、どちらかの存在がなければ、今、あなたはこの世にはいなかった。

自分に愛を注いでくれた人たちが、たくさんいる。そして、今も。

電気だって愛。

水だって愛。

インターネットだって愛。

通勤電車だって愛。

愛は、地味なところで、毎日、毎日、脈々と流れている。

「これが愛だ!!」

「さあ、みやがれ、愛だ!!」

こんな派手なパフォーマンスさえない、地味な愛は、私たちの日常の水面下で脈々と流れている。

そして、その愛の流れを忘れて、傲慢になってしまう。

「私は、誰の力も借りずにここまできてるのよ!!」ってね。

私は、今でも傲慢になるときに、父に言われたことを思い出します。

「自分ひとりだけで生きてきたごて言うて。」
(翻訳:自分ひとりだけで生きたように言って。)

父の言葉以上に、仕事のため、茶色くゴツゴツした父の手が、それ以上の言葉を語っていました。

私は、主婦になって、家事を毎日やることで、毎日の力強さ、底力を感じています。

これこそが、愛なんじゃないか、と思います。

だからこそ、毎日、愛を注げられる自分になりたいと強く思います。

魂に響く相手は、自分を守ることを通しては、巡り会えません。

私は、このブログを読んでいる独身女性の皆様に、魂に響く相手に出会ってほしいと、強く願っています。

今日も最後までお読みくださってありがとうございましたベル

☆10月からセッション内容の改定をいたします。
 特にプレミアムコースでは各種ワークを通して、あなたがあなたでヨカッタを実感していただきます。ただいま、作成中・・・・☆

 

ぜ男性が苦手で恋愛不器用だった私が結婚できたのか?秘密の美心婚活5ステップメールセミナー(動画付き)

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。