4、5歳で男女を語るな!

The following two tabs change content below.

こがさちか

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。

こんばんは^^

ハッピーマリッジコンシェルジュ幸華です。

今日も、ご訪問をありがとうございます。

今日は父の日ですね。

我が家は両方の父に、じんべえを送りました。

さて、今日は自宅でセッションだったのですが、クライアントさまは

子供の頃から、父と母が共働きなのに、

母だけが家事をしていておかしい。

そう思っていたそうです。

それに、男性が結婚して家にお金を入れるのも、当たり前ではないか、と。

父の存在。

夫の存在。

男性の存在。


あなたにとって、どんな存在ですか。

私は、父をバカにしていました。

父の仕事が恥ずかしいとか。

父の否定的な発言が情けないとか。

それなのに、そんな私は父に食わせてもらっていたわけです。

そんなことにも気づかせない父の深い愛。

空気のように当たり前すぎて

改めて「ありがとう」とすら思うことがないくらいの深い愛・・・

ってか、当然だよね?と思わせるくらいに愛されていたという事実。

前述のクライアントさまに

「母だけが家事をひきうけるのはおかしい」と感じたのは

いつからですか?と聞きましたら、

「4、5歳くらいからです。」

4、5歳で、夫婦の愛や男女を語られてはたまったものではありません!!

4、5歳の子供だから、お母様が、家事を全て引き受ける理由(愛)がみえなかったわけです。

そこに、結婚してからの男女の役割がある。

父が母の手伝いをしないことを、なぜ、子供の自分が怒る必要があるのでしょうか。

実は、父に「母の手伝いをしたくない、怠け者の自分」を見てイライラしているんです。

お母様には、お父様が仕事や家族の責任を負っていることを知っていた。

だからこそ、お母様は安心して家のことも、子育てのこともできる。

だからこそ、自分や家族の盾となっている夫を支えているのです。

女性は、基本、気まぐれで欲張り。

男性のようにひとつにかけ自分の役割を全うすることは難しい。

お互いの役割を引き立たせ、楽しめるのが結婚生活です。

父親と結婚した自分の母親は不幸だった・・・と思うのは、勘違いかもしれませんよ?

今日も最後までお読みくださりありがとうございますベル

深層意識からあなたの婚活をサポート/ハッピーマリッジコンシェルジュ古賀幸華

◆セッションのご案内はこちらです

◆HPはこちらです

黄色い花あとがき黄色い花

娘も、今日で3ヶ月になりました。

ムチムチ、かわいさが増していってます( ´艸`)

The following two tabs change content below.

こがさちか

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。

あなたの思考を180度変えるだけで理想の結婚も人生も引き寄せる!

35歳からの秘密の無料レッス

☆彡ライン@始めました^^

記事更新情報や婚活が楽しくなるコツなど配信します!
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

9割が最高の出会いに恵まれ7割がご成婚! 「出会えない!」「結婚したいのにできない!」そんな悩めるアラサー、アラフォーの女性を、「考え方」や「視点」を変えることで、最高の出会いと結婚に導きます。 婚活に疲れたあなたの心を癒しながら、活力を与えるカウンセリングが好評です。